【おすすめ記事】2020年私が信頼するポイントサイト10選は?利用するポイントサイトはこうやって決める!

\ おすすめ特集 /

 

「今日のちょびリッチ」当選枠が2倍に拡大、制度変更で改善?それとも改悪?

新規登録キャンペーン実施中

詳しくは上記バナーから詳細記事を読んでみてください。これからポイントサイトを始める人にとっては間違いなくラッキーですよ♪

今日のちょびリッチとは

こんにちは、お小遣いガイド管理人Hukuです。

月1ペースでも記事をかけたら・・・といいつつ、
今の私のモチベーションは、ポイントを使うことばかりに目が行っちゃっている今日この頃です。

早速ですがな、な、な、なんと!!

2020年10月14日から「今日のちょびリッチ」の当選枠が倍に増えちゃったのです!!!!

そこまで驚くことか?と思うでしょ?

ぶっちゃけ私はかなり驚きました。

だから筆をとったのです、ええ。

だって、ひと世代前ならまだしも、このご時世ポイントサイトの動きとして無料コンテンツはだんだん縮小されているんですよね。

逆にどのポイントサイトも、広告を利用させるためのキャンペーンがバンバン増えてる

まあポイントサイトは私たちに広告を利用してもらってなんぼです。

無料コンテンツに重きを置いていると、広告還元率が下がってしまいがちになっちゃうのでそれは本末転倒になっちゃいますからね。

だから広告利用重視の流れは仕方ないのです。

そんななか、ちょびリッチはその流れを逆手にとって、当たり人数を毎日10名→20名に変更してきましたね!

時代に逆行して無料コンテンツを充実させるちょびリッチ。無料コンテンツの充実は私たちユーザーにとって嬉しいことに決まってるじゃないですか。私はそんなちょびリッチが好きです。

そもそも今日のちょびリッチって何?

「今日のちょびリッチ」はちょびリッチオリジナルコンテンツで、毎日抽選で数名にポイントがもらえるコンテンツのこと。

別名「ちょ日新聞」ともいい、ちょっと分かりにくいかもしれないけど、とにかく抽選でポイントがもらえるコンテンツだと認識しておけばOK

今日のちょびリッチ(ちょ日新聞)については下記の記事をみてね!大昔に書いたので内容が古くなってます。すみません。
関連記事 ちょびリッチとは?評判と安全性を徹底解説

新・旧で「今日のちょびリッチ」を比較しよう

さっそくですが「今日のちょびリッチ」の旧制度と新制度を比較してみました。

比較する内容は当選人数と当選してもらえるポイント。
すでに”当選人数が倍になった”と書きましたが、実はそれだけじゃないんですよね。
私たちユーザーにとって改善された点もあれば、改悪された点もあります

今日のちょびリッチで当選する人数

新・旧の当選する人数はこうです。

旧:毎日10名(全会員の中から5名、普段広告を利用している人の中から5名
新:毎日20名(全会員の中から10名、普段広告を利用している人の中から10名

普段広告を利用している人とは「お買い物で貯める」「登録・申込で貯める」に掲載されている案件を利用し、ポイント通帳にポイントが反映した日から、30日間抽選対象になるようです。

2016年以前は”普段広告を利用している人枠”はなく、単純に全会員の中から5名だけでした。
それを5名→10名、10名→20名。ここ5年間で4倍にも当選確率が増えました

ということで今回改善された点は、当選枠が2倍へ拡大されたことです。
ありがたいですねぇ。まあ、私は当たったことはないけども・・・。

今日のちょびリッチで当選するともらえるポイント

じゃあ当選するともらえるポイントに関してはこうなるようです。

旧:当選して受け取ると1,000pt
新:当選して受け取ると全会員の中から選ばれた人は1,000ptまたは10pt広告を利用している人から選ばれたら1,000ptまたは100pt

以前は最低でも1,000ptが保証されていたのが、新制度では最低当選ポイントが10ptに。
これじゃ、当たってもあまり嬉しくないかも。

ということで改悪された点は、最低当選ポイントが10ptになったことです。

ぶっちゃけ10名→20名に増えたけど、当選ポイントは最低で1,000pt→10pt以上になったわけだし、トータルするとちょびリッチ側の負担は増えていなさそうですね。

新今日のちょびリッチのルール

【新:今日のちょびリッチのルール】

だけど今のところキャリーオーバー制度があるから、実際は貰えるポイントが多いのかなと思ってます。

ちなみに2020年10月18日の当選者と当選ポイントはこんな感じでした。
最高7,000pt、最低30ptですね。

【今日のちょびリッチの結果(2020年10月18日)】

 

「今日のちょびリッチ」って本当に当選するの?

2020年10月時点でちょびリッチの会員数は400万人を突破しています。
400万人の中から選ばれるわけだから、なかなか当選しづらいのはたしか。

私はちょびリッチを始めて5年経つけど、一度も当たったことはありません。

だけど下図をみると分かるように、私がちょびリッチを紹介した人のうち14名の方が当選しています。(友達が当選すると紹介者のほうにもメールが来るから分かるんです。)

今日のちょびリッチ当選友達

だから、決して当たらないヤラセのコンテンツではありません。

当たる確率は低いけど、それでも当たる可能性は誰にでもあります。

毎日0時発表で、その日24時までに今日のちょびリッチで申請するだけだし、
しかもこれまでと比べて2倍に当たる可能性が増えたのだから、もしかしたら当たるかもですよ。

「当たれば嬉しいな」程度に毎日ちょびリッチからのメールや「今日のちょびリッチ」をチェックしてみてくださいね。

ちなみに「今日のちょびリッチ」もおすすめだけど、ちょびリッチのいいところはそこだけじゃありません。

ちょびリッチの良いところは”使いやすいサイト”だと思ってます。
ポイント還元率もそこそこ高く、ポイント交換もしやすくて、キャンペーンも充実している。

お買い物保証制度もあってランク制度もあるからポイントも貯めやすいサイトですよ。

↓↓下記から登録&月末までに1pt以上獲得で500pt貰える↓↓

 

ちょびリッチとは
ちょびリッチとは

登録後、月末までに1pt以上獲得で500ptもらえます!

タイトルとURLをコピーしました