ポイントインカム 

紹介キャンペーンで最大2,200円分もらえます

キャッシュバック(CASH BACKアプリ)はレシート撮影でポイント還元!口コミ、使い方まとめ

キャッシュバック

こんにちは、Hukuです。
いつもの買い物をお得にするアプリ「CASH BACK(キャッシュバック)」を始めました。

スーパーやホームセンターなど、もらったレシートを撮影してキャッシュバックで活用すれば、ポイントがもらえます。ポイントを貯めると、楽天銀行への振込か、ドットマネーを経由して現金や電子マネーへ交換することができるんですよ。

キャッシュバックとは何か?YouTube動画もありました。

ちなみにiPhoneの方も、Androidの方も両方対応していますよ。一時、GooglePlayにないときもありましたが、そんなときは時間をおいてから再度探してみてくださいね。

キャッシュバック

では、この記事ではキャッシュバック(CASH BACK)アプリの使い方、稼ぎ方、安全性の検証と口コミ、評判について基本的なことをまとめていきます。

キャッシュバック(CASH BACK)で稼ぐ方法

キャッシュバック(CASH BACK)の稼ぎ方は至って簡単です。

  1. レシートで稼ぐ
  2. 友達紹介で稼ぐ ※終了

の2つです。稼ぎ方はいたってシンプルです。

Android、iOSともに使い方は変わりません。この記事はAndroidのスクリーンショットを使っていますが、家族がiOSで始めたので使い方の違いは確認済みです。

 1.レシートで稼ぐ方法

キャッシュバックを始めたら、レシートはただの紙ではなくポイントに生まれ変わります。なので、レシートで稼ぐ方法、これをマスターしてみてください。

まず、キャッシュバックをインストールして開くと、登録画面が出てきます。
登録は後からでも可能なんですが、登録をしていないとスマホが壊れた時にポイントが消えてしまうので、流れのまま会員登録することをおすすめします。

「スマホが壊れることなんてないない」と思ったらだめですよ。私なんて夏の車中に2時間スマホを置きっぱなしにしていたらスマホが壊れて、ポイント5000円分がパーになりましたから。

私の場合自業自得なんですけど、そのような悲劇を避けるためにも面倒でも会員登録を先にしておくことをおすすめします。

会員登録を終えると、基本画面(ホーム)がこんな感じで表示されます。

まず、あなたがキャッシュバックしたい商品を探すために、上部バーを左右にスワイプして好きなカテゴリを選べます。

ちょっと探しにくいかもしれませんが、メーカー問わずの商品が結構ありましたので、キャッシュバックしたい商品がきっと見つかるはず。

キャッシュバック

そしてキャッシュバックしたい商品に目星をつけたら、スーパーでお買い物をしてみてください。レシートのもらい忘れに気を付けて。

キャッシュバック

スーパーでお買い物をして、キャッシュバックしたい商品とそのレシートを準備できたらキャッシュバック申請開始です。

例えば、「チーズ」を選択してみました。

今回のチーズはどのメーカーでも対象なので非常にキャッシュバック申請しやすい案件です。このようにその時々でおすすめの商品は異なるので、探してみてくださいね。

キャッシュバック

注意事項をよく読んで、「申込をする」をタップしてください。

キャッシュバック

申込後、①下部バーの人型アイコンをタップするとあなたのプロフィール画面がでてきます。そして②「申込商品リスト」をタップすると、先ほど選んだチーズの申し込みが出てきます。

①、②の順番でタップしてみてください。

キャッシュバック

 

申込商品リスト一覧が出てきます。

申込をした商品が入っていることを確認したら、「申込商品のレシートを撮影する」をタップしてください。

キャッシュバック

次は、応募したい商品が記載されているレシートを撮影します。ピントが合わない場合は画面をタップしてみてください。レシートが枠内に合うようにセットをしてから「撮る」をタップしましょう。

キャッシュバックアプリオススメ案件

レシートが収まらなかった場合は二枚目を撮影するために「長いレシートの残りを撮る」を、取り直しする場合は「取り直し」を、すべて取り終えた場合は「完了」をタップしてください。

すべて収まらない場合は1回に無理して撮ろうとせず、複数枚に分けて撮るのがコツですよ。

キャッシュバックアプリオススメ案件

レシートを撮り終えたら、応募したい商品をタップします。
複数の応募をする時はここでまとめて選択しましょう。選択し終えたら商品が「選択済み」となり、「送信ボタン」が緑色に変わるのでタップしてください。

キャッシュバックアプリオススメ案件
キャッシュバックアプリオススメ案件

このような画面になります。これで応募完了です。

ポイント付与されるまでしばらく時間がかかります。気長に待ちましょう。

キャッシュバックアプリオススメ案件

 2.友達紹介で稼ぐ方法

友達紹介キャッシュバック

2017年9月末を持って、友達紹介制度はなくなってしまいました。復活次第、追記しますね。

キャッシュバック(CASH BACK)の使い方

キャッシュバック(CASH BACK)の使い方を簡単におさらいしておきます。

基本的に、

①キャッシュバックしたい商品を探す
②店舗で商品を購入して、商品とレシートを準備する
③キャッシュバック申請後、撮影する
④数日後ポイントが付与される
⑤ポイントを貯めて、楽天銀行へ振込orポイント合算サイト「ドットマネー」へ交換する
⑥ドットマネーから銀行振込、電子マネー、ギフト券へ交換する

という流れで進みます。

キャッシュバックアプリには「スタンプカード」というものもあります。

「スタンプカード」とはスタンプカード内に掲載された商品を購入し、レシートが承認されるとスタンプがもらえます。スタンプが全部貯まるとポイントがもらえるというものです。

通常、1商品につき1案件なのですが、スタンプカード内にある商品は複数の商品すべて購入しないとポイントがもらえません。

キャッシュバックスタンプカード

スタンプカードのなかでも特におすすめなのが「お試しキャンペーン」です。メーカー問わず、生卵、食パン、うどん用麺すべてそろえると60ポイントももらえますので、ぜひやってみてくださいね。(※お試しキャンペーンの中身はその都度変わるかも。)

キャッシュバックスタンプカード

キャッシュバック(CASH BACK)の注意点

キャッシュバック(CASH BACK)にはいくつか注意事項があります。知らずにポイントがもらえないという事態を防ぐために、事前に抑えておきましょう。

  • オンラインストアで購入した商品は対象外
  • 対象商品の支払い方法として現金やクレジットカード、電子マネーどれでも大丈夫
  • 一度に複数の対象商品を買った場合、レシート1枚に複数の商品でも応募できる
  • レシートに購入日、時間が映っていないと対象外
  • キャンペーン期間内に購入したレシートでも、レシートアップ時に終了していたらNG
  • 複数の対象商品を一度に買った場合、レシート1枚で応募することができる
  • レシートは全部を撮影すること。複数枚になってOK
  • 一度応募したレシートは使えない

上記の注意事項は2017年9月13日時点のものです。注意事項は追加・修正される可能性があるため、その都度確認してくださいね。

キャッシュバック(CASH BACK)の交換方法

キャッシュバックの交換先は2017年9月現在2つあります。

ドットマネー1,000ポイント=1,000円から交換可能
楽天銀行1,000ポイント=1,000円から交換可能 ※手数料108円

※2017年9月現在の交換先

ドットマネーへ交換すると、使い道が広がります。ドットマネー経由で各種銀行へ振込、Amazonギフト券やnanaco、楽天Edyなど手数料無料で交換することができるので、ドットマネーがおすすめですよ。

ドットマネーは聞いたことがないかもしれませんが、あのAmebaを運営している(株)サイバーエージェントが維持、管理しているので、安全度は抜群です。

キャッシュバック側にとってはドットマネーさえ用意しておけば複数の交換先と提携する手間が省けます。私たちはドットマネーさえあればポイントの使い道が幅広くなり、交換手数料も無料になるのでかなり便利です。

そしてこれは憶測ですが、ドットマネー側はキャッシュバックアプリから提携料をもらっているんだろうと思います。キャッシュバックアプリ側も複数の交換先に提携料を支払うより、ドットマネーにだけ支払うほうが便利ですからね。

だから3者(私たち、キャッシュバックアプリ、ドットマネー)ともにWIN-WINの関係なんです。

ドットマネーは非常に便利なのでこれを機会に使ってみるといいですよ。

キャッシュバック(CASH BACK)の安全性

ポイントアプリの安全性は下記5つの方法で判断できます。

  1. 権限を確認
  2. GoogleplayやAppstoreからダウンロードする
  3. 基本項目をチェック
  4. 登録情報の確認
  5. 評判(レビュー)を確認

参考危険なポイントアプリの見分け方

1.キャッシュバック(CASH BACK)の権限を確認する

各アプリには各機能や情報にアクセスできる権限というものがあります。それぞれアプリによって権限が異なっており、権限の種類が多いほど、たくさんの情報をアプリ運営側が読み取ることができるというものです。

権限はポイントアプリだけではありません。GooglePlayやAppStoreへ公開しているすべてのアプリはそれぞれ権限を持っていますので、アプリをインストールする際は気を付けるようにしましょう。

さて、Android版キャッシュバック(CASH BACK)の権限について、2017年9月現在以下の通りです。

 カメラ
 位置情報

 

Android6.0からは、
「設定」→「アプリ」→調べたいアプリをタップ→「許可」→権限のオンオフ
という流れで権限をチェックすることができます。

Android5以下の場合、「APK Permission Remover」というアプリを使えば権限のオンオフができるようですが、私は試したことがないので使う場合は自身の判断でお願いします。

iOS版キャッシュバックで必要な権限はありませんでした。
ちなみにiOS版におけるアプリの権限の確認方法は、「設定」→「プライバシー」内にある項目をみることです。iOS版キャッシュバックの場合、これらの権限すべてひっかかることなく利用できます。

権限

2.キャッシュバック(CASH BACK)はGoogleplayやAppstoreからダウンロードできるのか?

キャッシュバックはGoogleplayやAppstoreからダウンロードできます。
キャッシュバックのダウンロードでウイルスが入るということはありませんでしたが、アプリをダウンロードする際はどのようなアプリにも関わらず、スマホのセキュリティソフトを導入してから行いましょう。

3.キャッシュバック(CASH BACK)の基本条件は大丈夫か?

キャッシュバックの基本項目(会社情報、最低交換ポイント、ポイント有効期限)はポイントアプリを利用する際に気を付けておきたい項目になります。

キャッシュバック(CASH BACK)の会社情報について

キャッシュバックを運営しているのは株式会社アイドママーケティングコミュニケーションです。1979年に設立された会社で、資本金5億1,368万円、従業員数256名、東証一部上場している大きな会社ですが、キャッシュバックアプリは2016年12月頃リリースされたばかりです。

(株)アイドママーケティングコミュニケーションは、ポイントアプリ会社というよりは、独自のデータ分析システムや市場調査をもとに提案や支援している会社のようですが、なぜキャッシュバックアプリをリリースしたかはHPに以下のように書かれていました。

「CASH☆BACK」では、効率的かつ低コストにレシートを読み取りデジタルデータ化するために、「ディープラーニング(深層学習)」技術を活用した独自開発のレシート読み取り専用 OCR(光学文字認識)システムを用います。

オンラインプロモーションとリアル店舗を結び付ける際に問題となるのが、リアル店舗における購買行動データの把握です。個人情報を事前登録したポイントカードを用いる方式が普及していますが、専用の端末などを店舗に備え付ける必要があります。汎用 OCR エンジンを用いてレシートを読み取り、購買行動の証跡として用いる試みも一部では進んでいるものの、読み取り精度にはまだ問題があるのが現状です。

そこで当社では、レシートの読み取りに特化し、かつ学習を重ねる毎に精度を高められる OCRシステムを開発することで、レシート読み取りに掛かるコストを中期的に低減、事業の収益力を高めていきます。

「CASH☆BACK」(仮)のティザーサイトを公開より抜粋

つまりポイントカードサービスはカードを読み取る端末が必要になるから、将来レシートでポイントサービスが普及できれば、端末が不要になってコスト削減になると考えたようで、レシート読み取り制度を高めるために「キャッシュバック」アプリをリリースしたそうです。

は~なるほど、ホント、よく考えますよね。
将来的にはポイントカードを持たずレシートでポイント付与が普及したらすごく便利ですね。

今は試作段階だから、私たちは無料で利用できるのにレシートで撮影するだけでポイントがもらえるんですね。納得!

キャッシュバック(CASH BACK)のポイントの取り扱いについて

次に、最低交換ポイントとポイント有効期限を確認してみましょう。
最低交換ポイントは1,000円で、有効期限は最終加算日から1年となっています。なお、キャッシュバックではポイントをCBPという単位表記になっています。この記事では分かりやすいようにCBPと使わずポイントと表記しています。

対応Android、iOS(iPhone)
交換
レート
1CBP(ポイント)=1円
最低交換
ポイント
1,000ポイント=1,000円
ポイント
有効期限
最終加算日から1年
登録の有無あり。詳細は次項で解説。

4.キャッシュバック(CASH BACK)の登録情報は?

キャッシュバックは、以下の登録情報が必要です。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 郵便番号
  • 性別
  • 生年月日
 

生年月日は酒類、タバコ類などを購入可能な年齢かどうかの確認するために登録が必須となっているようです。登録情報が少なくていいですね!

5.キャッシュバック(CASH BACK)の評判(レビュー)を確認する

実際の利用者の感想を見たり聞いたりすることは、安全性を確認する上で大事なことです。
キャッシュバックのレビュー一覧をみて評判を確認してみましょう。

下図はGoogleplayで評判・評価されたものです。
GooglePlayの5段階評価は3.1でしたが、評価人数が25人とまだまだ少ないことから、参考程度にみるといいでしょう。

キャッシュバックアプリ口コミ

続いてAppStoreの評判・評価です。
AppStoreに至っては5段階評価の平均が3.0、評価人数も28件と少なく、まだまだこれからのようです。

キャッシュバックアプリ口コミ

次に、口コミ最新版を調査してみました。アプリの内容というよりは、アプリの使いづらさに不満を持っている人が多い印象です。

googleplay

2017年09月09日
ポイントになる物が指示された限定品だけなので、使い辛いしアプリが重い

2017年09月08日
なかなか良いです ・掲載数が多い ・1日1回の縛りはあるが何度も応募できる ・交換先にドットマネーがある

2017年09月08日
お得~!楽しい!

2017年09月04日
ログインしづらいほんとに使えんのかい、これ??

2017年09月01日
通知が何度も来てうるさいから仕方なく開いても何も表示されず。こんなことなら何も利用せずアンストしますよ。

2017年08月28日
少ない作業でお金が貯まりラッキー

2017年08月25日
ちゃんと鮮明なレシートで応募数があり、エントリーしていてもポイントが入らない。何度やっても駄目。使えません。

2017年08月18日
まだ初めて一月未満ですが、はじめの頃より商品が増えてきて、利用しやすくなってきました。 あとは、人気商品は早くなくなってしまうのが悲しいかな。

2017年08月15日
もともと動作が重くて、フリーズしたのか?と思うようなことがありましたが、ついにアプリを開くと画面真っ白で動かなくなりました。(他のアプリは大丈夫)。再インストール&再起動して何とか動作するように。でも相変わらず重いです。アプリの内容は悪くないし、ちゃんと申請も承認されるし、なのにアプリの使い勝手がちょっと残念。

2017年08月15日
レイアウトが狂ってる事があり使い辛い、動作が他の同類アプリに比べてもモッサリしておりフラストレーションがたまる。 トップページにデカデカ広告だすせいで起動する度読み込みに時間がかかる。 とにかく使い辛いです。

※規約違反や個人を特定する情報には削除及び*印を入れていることがあります。

appstore最新レビュー

2017年9月12日
ポイント賞えるのでよかったら使ってください

2017年9月12日
ポイントが貰えるので是非使ってください

2017年9月10日
開いた瞬間にサーパで工ラーがおきましたとなり、登録すらできません。

2017年9月7日
本登録の画面が全て終わったホームから別のベージに飛(まうとすると「認証コードを入力」@画面に戻ります。何回かや以直しましたが変わらず。アンインストールしました。

2017年9月6日
商品はあまり多く無いけど。

2017年9月2日
結構対象商品がたくさんあるのでこれなら貯まりそうかな

2017年9月1日
良いアプリですよ。

2017年1月8日
空いた隙間に手軽にできていいと思う

2017年9月1日
使いやすい貯まりやすいのでおススメです!

2017年8月28日
期待します

※規約違反や個人を特定する情報には削除及び*印を入れていることがあります。

2017年9月13日時点では口コミ数、評価数が少ないので、また改めて評価しなおそうと思っています

キャッシュバック(CASH BACK)をおすすめする理由

キャッシュバックのおすすめ点を3つまとめてみました。

レシートがお金に変わる

①レシートがお金に変わる

捨てるはずのレシートが、キャッシュバックで写真を送るとポイントがもらえます。スーパーやドラッグストアなど、毎日のご飯の材料を購入したりするときに貰うレシートが大活躍する素晴らしいアプリだと思いませんか?節約したい方にもおすすめです!

OK

②すべてのメーカーOKが多い

今回紹介したチーズでもすべてのメーカーが対象となっていました。すべてのメーカーがOKだと、普段買い物するスーパーで購入したものでも対象となり、キャッシュバックが利用しやすくなります。

キャッシュバックドットマネー

③ドットマネーへ交換できる

ドットマネーへ交換できるのがキャッシュバックアプリの良さの1つです。ドットマネー経由で電子マネー、ギフト券、銀行へ等価交換できるため、使い道が豊富になります。

まとめ

以上、「キャッシュバックの評判と安全性」に関する記事でした。

普段、スーパーやドラッグストアなどで貰ったレシートを活用できる節約アプリ。
+キャッシュバックの新習慣で、あなたの暮らしがもっとお得になること間違いなしです!!

私のように財布の中にレシート貯める人も、キャッシュバックを使えば整理整頓にもなって一石二鳥になりますよ。

2017年10月上旬、おすすめ還元商品をPickup!

キャッシュバックおすすめ案件
キャッシュバックおすすめ案件
キャッシュバックおすすめ案件

これらすべてメーカー問わずだから、これだけでもキャッシュバックアプリを始める価値がありますよ。

↓↓CASH BACK(キャッシュバック)のインストール先はコチラ↓↓

googleplay
appstore

この記事を読んだ方におすすめのアプリ

ポイントタウン