新規登録キャンペーン実施中 

①モッピー(~2/28まで)

モッピーキャンペーン

条件達成で最大1300円分貰える!

②ポイントインカム

ポイントインカムバナー

新規登録&ポイント交換で400円分貰える!

③ちょびリッチ

ちょびリッチ

ちょびリッチ登録&月末までに1pt以上獲得で250円分貰える!

④すぐたま

すぐたまコラボ

条件達成で最大2500円分貰える!

詳しくは上記バナーから詳細記事を読んでみてください。これからポイントサイトを始める人にとっては間違いなくラッキーです!

【悲報】ハピタス堂書店が閉店!サービス終了で今後どうなる?

新規登録キャンペーン実施中

詳しくは上記バナーから詳細記事を読んでみてください。これからポイントサイトを始める人にとっては間違いなくラッキーですよ♪

ハピタス堂書店

こんにちは、お小遣いガイド管理人Hukuです。

この記事のタイトル通りハピタス堂書店のサービス終了が発表されました!

「2019年早々からやってくれるな、ハピタスよ。
これまで購入した電子書籍はどうしたらいいんだ!」

と、ショックに打ちひしがれている方もいるかもしれません。かくいう私もその一人です。

最近は電子書籍を駆使するようになったHukuさんもよく利用させてもらってました。
そんなこんなで、突然の悲報に打ちひしがれながら、ハピタス堂書店が閉店するまでの流れをまとめていこうと思います。

ハピタス堂書店とは?【おさらい】

ハピタス堂書店

ハピタス堂書店とは、ハピタスを運営する(株)オズビジョンとeBookJapanという電子書籍サイトを運営する(株)イーブックイニシアティブジャパンがタッグを組んだ本のWEB販売サイトです。

eBookJapanは電子書籍を扱うサイトですが、紙本の通販がないんですよね。そして購入によるポイントバックは次回以降に購入するときの支払いでしか使えません。

しかしポイント関連のハピタスとタッグを組んでいるハピタス堂書店では、紙の本の通販購入を可能にし、ポイントの使い道も豊富になりました。

eBookJapanとタッグを組んだポイントサイトはハピタス以外にも、モッピー、ポイントインカム、モッピー、ECナビがありました。

しかし軒並み閉鎖してしまい、とうとうハピタス堂書店も2019年3月にサービスの終了が決定してしまったんですね。

ハピタス堂書店サービス終了までのスケジュール

サービス終了までの流れ
  • 2/28 17:00
    電子書籍販売終了
  • 3/20 12:00
    電子書籍の移行手続き終了
  • 3/20 12:00
    書店サービス終了

【広告利用のポイントについて】
ハピタス堂のサービス終了前の還元ポイントについては、サービス終了後も判定期間(約60日)を経て判定が行われます。

【ポイントに関する調査について】
広告利用に関するポイントの調査は2019年4月19日12:00以降は受付することができなくなります。

電子書籍の販売は2019年2月28日に終了しますが、これまで購入した電子書籍は引継ぎを行えば閉店後も読めるので安心ですね。

「eBookJapan」と「ハピタス堂書店」は同じリーダーアプリを使っているからでしょうか。サービス終了後でも商品の再ダウンロードやクラウド本棚の利用も可能とのことです。

電子書籍は紙本とは違い、購入したデータの買い切りではないので、サイトが閉店しちゃうと見られなくなってしまう可能性があるんですよね。でも、今回はeBookJapanという受け皿があるから、その心配もしなくてよいので良かったです。さすが大手のヤフー(株)のグループ会社が運営していることはありますね。

大手だと、こういったイレギュラーな出来事でもきちんと対処してくれるのでありがたいです。

電子書籍の引継ぎ方法

引継ぎに関してはまだ公式に発表していないので、発表があったら追記しますね!

ちなみに下記の画像はハピタス堂書店が2018年12月以前に発表をしていたページから引用したものです。2019年1月26日時点で正式に発表されているサービス終了ページの最新版にはこの記載が消えていますので、下記の画像は参考程度に読んでみてくださいね。

ハピタス堂書店の電子書籍移行について

紙の本を買うならドコ?おすすめの通販サイト

今後紙媒体の書籍を購入する際、ハピタス堂書店に代わるオンライン書店があるのか気になるところだと思いますが、2019年1月現在、紙の本を買うなら楽天ブックスがおすすめです。

その理由は下記の記事で、ハピタス堂書店vs楽天ブックスvsAmazonで比較しているので、よかったら読んでみてくださいね。

ハピタス堂書店なら最大10%還元!Amazonと楽天ブックスと比較してみた
ハピタス堂書店なら本の通販で3%還元、電子書籍なら10%還元する方法を紹介。Amazonや楽天ブックスと比較してハピタス堂書店はお得なのかも検証してみました。

 

電子書籍を買うならドコ?おすすめのサイト

ハピタス堂書店が陥落した今、電子書籍を買うならお得さではBookLive!安心さではKindleがおすすめです。電子書籍編の詳細は下記でまとめていますので、併せて読んでみてください。

漫画村に学ぶ。お買い得でおすすめの電子書籍ストアは?ポイントサイト活用編
電子書籍ストアの選び方やおすすめのサイト4つ(Kindle、楽天kobo、BookLive!、eBookJapan)を紹介。ポイントサイトを活用してよりお得に還元できる方法も解説しています。

ハピタス堂書店で電子書籍を購入すると10%還元でお得ですが、実はBookLive!は15%や20%OFFで買えるクーポンをしょっちゅうGETできちゃうんです。これはBookLive!さんかなり太っ腹ですな!

ただしこの記事の最初にも書いたとおり、電子書籍は買い切りではないので、販売サイトがサービスを終了すると最悪の場合見ることができなくなっちゃうんですよね。

いくら安く購入できたとしても、今後読めなくなってしまっては買った意味がなくなってしまいます。おおこわ・・・。

電子書籍を購入する際は、信頼度も重要な判断基準となりますよ。

Kindleストア×ポイントサイト|電子書籍はどのサイトがおすすめ?2019年版
電子書籍ストアAmazon「Kindle」の特徴、おすすめポイント、メリット、お得に購入する方法を紹介。ポイントタウンで入手したAmazonギフト券を使えば実質無料で電子書籍をGETする裏技などをまとめています。

 

ハピタス堂書店さようなら【まとめ】

ハピタス堂書店の閉鎖は衝撃なニュースでした。
ハピタス堂書店はハピタスの看板案件でもありましたし、ハピタスユーザーなら利用したことがある方が多いはずです。

ただ、閉店の発表があるまでのハピタス堂書店は衰え始めていたのはうすうす感じていました。

以前のハピタス堂書店は本の購入で7%還元だったのですが、2018年4月に3%還元へ下げられてしまったわけです。そして他のポイントサイトとeBookJapanがコラボしているWEB書店は2018年夏には軒並み撤退してしまったこともあり、ハピタス堂書店もやばいかもしれないと思っていました。

他のポイントサイトでも閉鎖していますし、ハピタス堂書店の閉鎖はハピタス側に問題があったわけではなさそうですよね。

ライバル会社に勝てなかったからなのか、それともポイントサイトとコラボのシステムが分かりにくくてユーザー受けしなかったのか・・・理由は分かりませんがハピタス堂書店の閉店は本当に残念です。

今後もこういったサービスは需要があると思うので、何らかの形で復活してほしいと思っています。

電子書籍の購入は2/28まで、本の通販購入は3/20までとなっていますので、今ならまだ間に合います!もし買いたい本があるのなら、今のうちにハピタス堂書店でお得に購入しておきましょう!

業界一の保証有 ハピタス

ネット通販をするなら、お買い物保証が万全のハピタスで決まり!

ハピタス

登録すると30pt貰えます!